兵庫県議会議員 上野ひでかずWEBサイト

変えよう県政・若さとクリーン

最新情報

カテゴリ

バックナンバー

サポータ募集中!

上野ひでかずと一緒に地域が大切にされる県政を目指しませんか?

facebook

やさしく元気な、確かな明日の神崎郡をつくろう!!

緑豊かな自然、里山から連なる山々、大地を潤すあふれんばかりの清らかな水。JR播但線、中国自動車道、播但自動車道と充実した社会基盤整備。

神崎郡の持つこのポテンシャルをフルに発揮して、住んで良かった、暮らして良いと思える、人と人とが手を取り合って、暮らしていけるまちを、皆さんと一緒に作っていきたいと考えています。

上野ひでかずのプロフィール >>
あなたもサポーター(後援会)に参加しませんか? >>


最近の記事

2020年01月24日(金)

『年頭に思う』

兵庫県議会議員(神崎郡選出) 上野英一

2020年(令和2年)が、県民の皆様方にとって素晴らしい1年となるようにご祈念申し上げます。

昨年は、4月の兵庫県議会議員選挙において有権者の皆様に大きなご支援・ご支持をいただいて、4回目の当選を果たさせて頂きました。選挙にあたっては、特に神崎郡3町の広域課題の前進に向けた取り組みを中心にお訴えさせていただきました。

福崎駅前整備事業が完成をして、昨年の10月6日に竣工記念式典が盛大に開催されました。しかし、これですべてが完成したわけではありません。エルデホールの入り口から北側320mの拡幅改良、そして福崎町境から市川町の甘地駅前まで県道甘地福崎線の拡幅改良があってはじめて完成と言えます。

320m区間については、現在県土整備部福崎事業所が令和5年度完成目標で進めています。市川町内区間はまず事業化の取り組みを進めなければなりませんが、3町の連携により、朝来市生野町から県道一之宮生野線・長谷市川線・甘地福崎線・福崎町道を経て国道312号線に連絡する市川右岸広域基幹道路として、事業化の要望活動を県並びに国に対して進めていこうとしています。

2点目は、3町によるごみ焼却施設の建設です。現在用地の選定作業を進めていますが、合理的・客観的条件で地元のご理解を得て進めていかなければなりません。主体は3町ですが、オブザーバーとして支援をしていきます。3点目は、超高齢社会における安全安心の取り組みです。そのためには健康寿命を平均年齢に近づける取り組みです。生涯学習活動により生きがいづくり、健康づくり、食生活を含む予防医療の構築、そして在宅医療・在宅介護や看取りまでの包括的な取り組みが必要です。そこには、公立神崎総合病院の活用が考えられます。

この3点を中心に、元気な神崎郡づくりを進めていきます。また、懸念することとして気候変動・温暖化対策の課題があります。スエーデンのグレタ・トゥーンベリさんは世界のリーダー・大人達に対して、気候変動に対する無策の責任について激しく訴えています。日本政府については、ぜひともリーダーシップを発揮していただきたいと考えるところです。一刻の猶予もありません。

当ホームページが提供する情報・画像を、権利者の許可なく複製、転用、販売することを固く禁じます。

copyright(C)2012-2020 Ueno-Hidekazu All rights reserved.